BANANA THEATERS

映画に関する最新情報をお届けします。

【重力と呼吸】新アルバムの意図や意味を収録音楽やライブセトリから徹底考察

Mr.Childrenから2018年10月3日に発売された、新アルバム

重力と呼吸

一体どのような意味を持っているのでしょうか。

f:id:MYFAVORITE:20190306025619j:image

アルバム自体の収録曲と、『Mr.Children Tour 2018-19 重力と呼吸』のセトリや雰囲気などから分析したいと思います!

NEWアルバム「重力と呼吸」収録曲

f:id:MYFAVORITE:20190306025625j:image
01. Your Song

02. 海にて、心は裸になりたがる

03. SINGLES  テレビ朝日系 木曜ドラマ『ハゲタカ』主題歌

04. here comes my love  フジテレビ系 木曜劇場『隣の家族は青く見える』主題歌

05. 箱庭

06. addiction

07. day by day (愛犬クルの物語)

08. 秋がくれた切符

09. himawari  映画『君の膵臓をたべたい』主題歌

10. 皮膚呼吸

 

『Mr.Children Tour 2018-19 重力と呼吸』セトリ


1:SINGLES

2:Monster

3:himawari

4:幻聴

5:HANABI

6:NOT FOUND

7:忘れ得ぬ人

8 :  花-Memento-Mori-

9:addiction

10:dance dance dance

11:ハル

12:and I love you

13:しるし

14:海にて、心は裸になりたがる

15:擬態

16:Worlds end

17:皮膚呼吸

~アンコール~

18:here comes my love

19:風と星とメビウスの輪

20:秋がくれた切符

21:Your song

 

ちなみに8曲目の花に関するエピソードもライブ中に語っていました!記事載っけておきます!

【ミスチルの名曲】Mr.Childrenの名曲 花- Memento Mori -はどのようにして生まれたのか - TRENDFEVER

最新アルバム重量と呼吸に関するインタビュー


アルバム:重力と呼吸についての桜井さんのインタビュー

「誰でも世の中に音を届けられる時代の中で、こいつらじゃなきゃ意味を持たないもの、こいつらが叫ぶから、こいつらが歌ってるから、意味を持つもの――だから逆に言えば本物しか残れないとは思う。Mr.Childrenというバンドが本物であるという証拠を残したかったという気持ちが、このアルバムにはありますね。」

分析
アルバム収録曲が全10曲。

ライブのセットリストがアンコールを合わせて20曲であるため、ライブで10曲が追加されています!

しかし、アルバム収録曲『箱庭』と『daybyday』が除外されているので正確には12曲追加されています。

追加された曲はこちら

Monster
幻聴
HANABI
 NOT FOUND
忘れ得ぬ人
dance dance dance
ハル
and I love you
しるし
擬態
Words end
風と星とメビウスの輪
重力と呼吸を背負ってのライブですから、追加された曲によってアルバムのコンセプトを壊すわけにもいかない。

多少盛り上がる曲を入れている部分もあると思うので、その辺も考慮して考えていきたいと思います。

アルバムから率直に感じたコンセプト


Mr.Childrenは2017年に25周年を迎えました。

そんな節目の年にあった時、アルバム制作をしようと考えたのです。

それも、他の後輩ミュージシャンが諦めるような。

このアルバムを聴くことによって、Mr.Childrenは手の届かない存在だと思わせるような。

ここから考察するに、つまり、Mr.Childrenはこのアルバムにこの25年間を歩んできた道のりの重みと存在を

重力

として。

そしてまだ生き続けるMr.Childrenの声(櫻井さんの声)とMr.Childrenの骨格(ドラム、ギター、キーボードetc.)を

呼吸

として。

それを合わせてアルバムに詰め込んだ結果として

重力と呼吸

まずはアルバムからこんな感じの仮説を立てました。これを仮説1とします。

アルバム曲とツアーセトリとのギャップから感じたコンセプト
アルバム曲
このアルバムのリード曲は『your song』です。

つまりこのアルバムを代表する曲。

表題曲your songについて

歌詞載っけます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

歌:Mr.Children

作詞:桜井和寿

作曲:桜井和寿

花吹雪が舞うような
きらめく夏の陽射しのような
時は過ぎ
華やいでた想い出も
少しだけ落ち着きを取り戻した

君と僕が重ねてきた
歩んできた たくさんの日々は
今となれば
この命よりも
失い難い宝物

ふとした瞬間に同じこと考えてたりして
また時には同じ歌を口ずさんでたりして
そんな偶然が今日の僕には何よりも大きな意味を持ってる
そう君じゃなきゃ
君じゃなきゃ

苦手意識を持ってた
食べ物もスポーツも堅苦しい場所も
君が薦めるんなら無理なんかせず受け入れることが出来たんだ

時に僕が窮屈そうに囚われている考えごとに
なんてことのない一言で この心を自由にしてしまう

飛び込んでくる嫌なニュースに心痛めて
また時にはちっちゃな事で笑い転げて
一緒に生きていく日々のエピソードが特別に大きな意味を持ってる
そう君じゃなきゃ
君じゃなきゃ

ふとした瞬間に同じこと考えてたりして
また時には同じ歌を口ずさんでたりして
そんな偶然が今日の僕には何よりも大きな意味を持ってる
そう君じゃなきゃ
君じゃなきゃ

そう君じゃなきゃ
君じゃなきゃ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この曲から僕が感じたのは、

「僕」と「君」の関係性です。

この部分。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

君と僕が重ねてきた
歩んできた たくさんの日々は
今となれば
この命よりも
失い難い宝物

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

君と僕。つまりMr.Childrenとファン 。ではないでしょうか?

君と僕。つまりMr.Childrenとファンの25年間の失い難い宝物のような日々が積み重なり、重みとなって

重力

を感じる。

そしてもう1つ。アルバムを締めくくる10曲目に位置付けられ、ライブ本編でも最後の曲として位置付けられている事からも見逃せない曲。

注目の楽曲:皮膚呼吸

この曲の歌詞、深すぎる。とても興味深い。

とにかく歌詞を見てみましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

歌:Mr.Children

作詞:桜井和寿

作曲:桜井和寿

と、ある日
顳■(こめかみ)の奥から声がして
「それで満足ですか?」って
尋ねてきた

冗談だろう!?
もう試さないでよ
自分探しに夢中でいられるような
子供じゃない

生意気だった僕なら
なんて答えてるんだろう?
あぁ世界はあまりにも大きい

深呼吸して 空を見上げて 風に吹かれて
いつからか 砂に埋めた感情を
まだ生乾きの後悔を 噛み締める
I'm only dreamin', but I'm only believin'
I can't stop dreamin'
このまま
変わっちまう事など怖がらずに
まだ夢見ていたいのに...

高架下は怒鳴り声にも似た音がして
時間(とき)が猛スピードで僕を追い越して行った

意味もなく走ってた
いつだって必死だったな
昔の僕を恨めしく懐かしくも思う

でも
皮膚呼吸して 無我夢中で体中に取り入れた
微かな酸素が 今の僕を作ってる そう信じたい
I'm only dreamin', but I'm only believin'
I can't stop dreamin'
このまま
切なさに息が詰まったときが
それを試すとき

出力が小さな ただただ古いだけのギターの
その音こそ 歪むことない僕の淡く 蒼い 願い
サスティンは不十分で今にも消えそうであっても
僕にしか出せない特別な音がある
きっと きっと

I'm still dreamin'
無我夢中で体中に取り入れた
微かな勇気が 明日の僕を作ってく そう信じたい
I'm still dreamin', I'm still believin'
I can't stop dreamin'
このまま
苦しみに息が詰まったときも
また姿 変えながら
そう今日も
自分を試すとき

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

気になった点を挙げていきます。

まず注目すべきは出だし。

と、ある日
顳■(こめかみ)の奥から声がして
「それで満足ですか?」って
尋ねてきた
この声と呼吸は接点があるように感じます。

そしてここ、

皮膚呼吸して 無我夢中で体中に取り入れた
微かな酸素が 今の僕を作ってる そう信じたい
呼吸という言葉が入っていますが、Mr.Childrenが無我夢中でここまで走ってきた道は皮膚呼吸で自然と酸素が取り込まれるようなイメージだったのかもしれません。

つまり、特に意識する事なく行われる。来るべくして歩んできた。無意識な中に存在する

呼吸

を表しているのではないかと感じました。

アルバム収録曲の『your song』と『皮膚呼吸』を比喩的に合わせて

重力と呼吸

を表しているのではないかという考察。

これが仮説2です。

ツアーセトリとのギャップ
ギャップとはつまりツアーのセトリに追加された12曲のことです。

なぜこのギャップからコンセプトを感じ取れるのか?

それは、先程も言いましたが、ツアーは重力と呼吸を引っさげてのものです。

アルバムのコンセプトを壊すわけにはいかない。

しかし曲を追加することは避けられない。

ならばMr.Childrenの考えるアルバムのコンセプトや意味に近い曲をセトリに入れるに違いない。

そう考えたからです。

アルバム曲全体として、himawariや秋がくれた切符など、自然をイメージするような曲が、生き物の息を感じるようイメージの曲が多いように感じます。

そしてその伏線に浮かび上がるのが

擬態

擬態とは昆虫などが天敵から身を守るために行う行為でもあるので自然を感じずに入られませんよね。

ちなみにこの曲僕が一番好きな曲です!

歌詞からも生き物の生き様のような野性的なものを感じ取れます。

そして、

幻聴

出だしの

やっと一息つけるねって思ったのも束の間
また僕は走り出す
途中の

一歩 また一歩 確実に進む
そんなイメージも忘れずに
終わりの

また今日も 夢の橋を渡り追いかけるよ
呼吸をしながら一歩ずつ夢に向かって歩んでいく。

このような意識が感じ取れる曲です。

これらのことから、追加の12曲は生き物に感じる重力や呼吸。

自分たちが呼吸をしながら歩んできた道のりの重みを重力。というように比喩しているのではないかと推測しました。

これが仮説3です。

 

 

この記事のまとめ


いかがだったでしょうか。仮説を1から3まで3つ紹介しましたが、皆さんはどの仮説が一番しっくりきましたでしょうか?

誰も自分の描いている仮説や考えとは違う。という方もいることでしょう。色々な考えがあると思います。僕の個人的な考えもその中の1つとして捉えていただければ幸いです。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございます!

関連記事