BANANA THEATERS

映画に関する最新情報をお届けします。

なつぞら【1話】感想解説・あらすじ・視聴率一覧まとめみんなの評価は?(NHK朝ドラ)

f:id:MYFAVORITE:20190402135028j:image

出典:NHKなつぞら公式インスタグラム

第100回NHK朝ドラの放送が開始されました!

今回は記念すべき第1話のあらすじと感想、視聴率などをまとめて紹介したいと思います!

 

4月1日といえば新元号『令和』が発表され、そちらの話題で持ちきりだったのですが、なつぞらの評価はどうだったのでしょうか?合わせて紹介したいと思います!

ちなみに新元号に関しては下の記事をご覧ください!↓

 

www.bananatheaters.work

 

NHK朝ドラなつぞら記念すべき【1話】の感想と解説

NHK朝ドラ100回という節目の放送が始まりました!

待ちに待ったなつぞらの1話が放送されたので感想を少しだけ紹介したいと思います!

〈感想〉

まずは僕自身が映画鑑賞の際に採用している評価方法で採点します!★がついたら加点です!

面白さ★

期待度超え★

ストーリー性★

興奮度

共感度★

映像美★

音楽★

演技★

寝なかった★

特別★

総合点は9点!

このお話を見て興奮することはないので満点と捉えて良いでしょう!

戦争が終わった翌年1946年の昭和21年から物語がスタートしていることもあり、なんだか最初から暗いイメージなのかなと思いきや、タイトルである

なつぞら

になぞらえて、よく晴れた夏の空のような明るい方向へと物語が向かって行くような雰囲気を感じ取ることができました!

広瀬すずちゃんの登場が待ち遠しいなと感じるような回となっていました!

広瀬すずに関する詳しい情報などは下の記事をご覧ください!

 

www.bananatheaters.work

 

 

〈解説〉

第1話に登場したのは、

  1. 奥原なつ(幼少期)
  2. 柴田剛男
  3. 柴田富士子
  4. 柴田泰樹
  5. 柴田照男(幼少期)
  6. 柴田夕見子(幼少期)
  7. 柴田明美(幼少期)

の7人です!

簡単に説明すると、

戦争から柴田剛男が亡き戦友の子供奥原なつと共に柴田牧場に帰るというストーリーです。

 

そこで家族で話し合い奥原なつと柴田牧場の一家と共に暮らしていくという展開に。

 

これからが楽しみですね!

NHK朝ドラなつぞらのあらすじ主題歌を紹介

少しだけあらすじを載せておきます!

〈あらすじ〉

第1週のあらすじ


どこまでも続く草原の丘で、北海道・十勝の風景を描く奥原なつ(広瀬すず)。昭和21年初夏、なつ(粟野咲莉)は9歳の時、亡き父の戦友だった柴田剛男(藤木直人)に引き取られて十勝にやってきた。妻・富士子(松嶋菜々子)は我が子としてなつを受け入れようする一方、富士子の父でガンコ者の泰樹(草刈正雄)は働き手にもならないとなつに冷たくあたる。しかし、子供ながらにここで生きると覚悟を決めたなつは、牛馬の世話や乳搾りを必死に手伝い、次第に泰樹の心を溶かしていく。

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/story/01/

他にも出演者のプロフィールなど詳しいことは下の記事にて掲載しております。

ご覧ください。↓

www.bananatheaters.work

〈なつぞら主題歌〉

なつぞらの主題歌は

スピッツ:優しいあの子

です!

 

NHK朝ドラなつぞら1話の視聴率は?

記念すべき初回視聴率は

22.8% 

まんぷくの初回視聴率には及ばなかったものの、これで朝ドラは4作連続の初回20%超えとなったようです!

 

好発進と言えます!

NHK朝ドラなつぞらのみんなの評価は?

などなど、高評価が多いようですね!

これからの半年間が楽しみです!!

NHK朝ドラなつぞらの公式Twitter(ツイッター)instagram(インスタグラム)がすごい!

〈なつぞら公式ツイッター〉

〈なつぞら公式インスタグラム〉

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

⠀⠀ 『なつぞら』北海道ご当地版ポスターをお届けします♪ ⠀⠀ #朝ドラ #なつぞら #広瀬すず #4月1日放送開始

【公式】連続テレビ小説「なつぞら」さん(@natsuzora_nhk)がシェアした投稿 -

NHK朝ドラなつぞらの公式ホームページ

あらすじ|連続テレビ小説「なつぞら」|NHKオンライン

 

この記事のまとめ

SNSなどでの評価も高く、初回視聴率も大台の20%超えというだけあって第100回のNHK朝ドラは好発進と言えるでしょう!

 

これからも楽しみです。