BANANA THEATERS

映画に関する最新情報をお届けします。

カンヌ国際映画祭『パラサイト』(ポンジュノ監督・パルムドール作品)ってどんな映画?日本公開日は?あらすじ・みどころ・感想解説!

第72回カンヌ国際映画祭パルムドールにポンジュノ監督の『パラサイトPARASITE』が選ばれました。

韓国映画初受賞の快挙で、昨年の是枝裕和監督の『万引き家族』に続いて、2年連続でアジア発の映画作品が受賞しました。

f:id:MYFAVORITE:20190526115742j:image

(ポンジュノ監督)

出典https://twitter.com/festival_cannes/status/1132355469643800576?s=21

あらすじ・みどころ・感想などを解説していきたいと思います。

 

カンヌ国際映画祭最高賞パルムドールは韓国映画『パラサイト』に決定!

2019年5月26日の明朝、カンヌ国際映画祭の公式ツイッターが更新され、最高賞パルムドールを韓国発の映画『パラサイト』が受賞したことが明らかになりました。

アジア勢としては昨年の是枝裕和監督の『万引き家族』に続き2年連続の受賞となりました。

また、韓国発の映画としては今回のポンジュノ監督の映画『パラサイト』がパルムドール初受賞となります。

映画『パラサイト』について解説!あらすじ・みどころ・感想など

f:id:MYFAVORITE:20190526112359j:image

出典:https://twitter.com/fansvoicejp/status/1132350086078316544?s=21

【あらすじ】

失業中のキテクは家族と細々と暮らしていた。ある日、キテクは裕福なパクという男の家の家庭教師の面接に行くが、そこから予期せぬ事件に巻き込まれ始める。

【予告編映像】

 

予告編映像から分かるように、安定した職を持たず、社会の底辺に生きるキム一家の長男が、IT企業を経営する富裕層の家庭教師として雇われたことで豪邸に侵食していく格差から生まれるブラックコメディのような作品となっています。

 

【作品詳細】

監督     ポン・ジュノ

脚本     ポン・ジュノ

製作     ポン・ジュノ
            クァク・シンヨンエ
            チャン・ヨンファン

出演者 ソン・ガンホ
            イ・ソンギュン
            チョ・ヨジョン
            チェ・ウシク
            パク・ソダム

公開日 2019年5月21日カンヌ国際映画祭
            2019年5月30日韓国

 

映画『パラサイト』ポンジュノ監督のその他おすすめ作品

今回、カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールに輝いた映画『パラサイト』のポンジュノ監督のその他作品としては、

  1. 『殺人の追憶』
  2. 『グエムル-漢江の怪物-』

などがあります。

『殺人の追憶』は日本で2003年に公開されており注目を集めました。

主演を務めたのはパラサイトにも出演しているソン・ガンホ。

f:id:MYFAVORITE:20190526115142j:image

出典:最高賞パルムドールはポン・ジュノ監督『パラサイト』!韓国映画初の快挙 - シネマトゥデイ

相性のいいタッグでの受賞だったようですね。

映画『パラサイト』の日本公開日は?

 韓国での公開は

2019年5月30日

となっていますが、日本公開日は今のところ決定していないみたいです。

判明し次第随時更新していきます。

 

第72回カンヌ国際映画祭その他受賞作品一覧

【パルムドール(最高賞)】
『パラサイト(英題) / Parasite』(韓国) ポン・ジュノ監督

【グランプリ】
『アトランティック(英題) / Atlantics』(フランス、セネガル) マティ・ディオプ監督

【審査員賞】
『レ・ミゼラブル(原題) / Les Miserables』(フランス) ラジ・リ監督
『バクラウ(原題) / Bacurau』(ブラジル)クレベール・メンドンサ・フィリオ監督&ジュリアーノ・ドルネレス

【監督賞】
ジャン=ピエール・ダルデンヌ監督&リュック・ダルデンヌ監督 『ヤング・アーメッド(英題) / Young Ahmed』(ベルギー、フランス) 

【男優賞】
アントニオ・バンデラス  『ペイン・アンド・グローリー(英題) / Pain And Glory』(スペイン)

【女優賞】
エミリー・ビーチャム  『リトル・ジョー(原題) / Little Joe』(オーストリア、イギリス、ドイツ)

【脚本賞】
セリーヌ・シアマ 『ポートレイト・オブ・ア・レディー・オン・ファイアー(英題) / Portrait Of A Lady On Fire』(フランス)

【スペシャル・メンション】
『イット・マスト・ビー・ヘブン(原題) / It Must Be Heaven』(フランス、カナダ) エリア・スレイマン監督

【短編コンペティション】
パルムドール
『ザ・ディスタンス・ビトウィーン・アス・アンド・ザ・スカイ(原題) / The Distance Between Us and the Sky』(ギリシャ、フランス) ヴァシリス・ケカトス監督

第72回カンヌ国際映画祭受賞作品全てをまとめて解説した記事はこちら↓

第72回カンヌ国際映画祭受賞作品全作品を一挙に解説(あらすじ・感想・日本公開日など) - BANANA THEATERS