BANANA THEATERS

映画に関する最新情報をお届けします。

MCU(マーベルシネマティックユニバース)フェイズ4展開予想!公開される作品一覧!X-MENなど注目の新ヒーローは?

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)は2019年6月29日に日本で世界最速最速公開される

映画『スパイダーマン:ファーフロムホーム』

でフェイズ3が幕を閉じ、いよいよ新たなるストーリー展開が予想されるフェイズ4が始動します!

ドキドキワクワクの予想できないエンターテインメントに今から期待してしまいますね。

それではMCUのフェイズ4に関する情報をみていきましょう!

 

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)フェイズ4に関する最新の情報

f:id:MYFAVORITE:20190510171547j:image

出典:マーベル公式|Marvel

※アベンジャーズエンドゲームのネタバレを含みます

フェイズ4に突入される流れですが

  1. アベンジャーズエンドゲームにてビッグ3が崩壊
  2. リーダーなきアベンジャーズの新たな道を模索する鍵を握るのはスパイダーマン
  3. スパイダーマン:ファーフロムホームが公開
  4. 新たなる脅威の予感
  5. フェイズ4へ突入

まずはこの後すぐに公開される映画『スパイダーマン:ファーフロムホーム』をみてみないとわからないのですが、こんな感じでしょう。

 

映画『アベンジャーズ:エンドゲーム』で押さえておきたい今後の展開を左右するポイント

アベンジャーズエンドゲームにてファンを興奮させ、泣かせた展開がいくつもありましたね。

起こったことはのちのストーリー展開に影響していきます。

今後の展開を左右するポイントを紹介しておきます。

1.トニースターク(アイアンマン)の死亡

2.スティーブロジャース(キャプテンアメリカ)の老化によるアベンジャーズ脱退

4.ナターシャロマノフ(ブラックウィドウ)の死亡

3.トニーの葬式に現れた少年が新アイアンマンとなる可能性があること

4.キャップの盾(シールド)を受け継いだのが原作ではキャプテンアメリカを担当したことのあるファルコンであること

5.その他に時間を戻したことによって復活したヒーロー達

 

です。

まだまだどうなるかはわかりませんが期待で胸がいっぱいになりますね。

MCUフェイズ4の公開日とタイトル一覧

  1. 2020年5月1日
  2. 2020年11月6日
  3. 2021年2月12日
  4. 2021年5月7日
  5. 2021年11月5日
  6. 2022年2月18日
  7. 2022年5月6日
  8. 2022年7月29日

 

公開日から察するに2020年から2022年までに8作品が公開されるというスピードを保ち続けることは分かるがまず、フェイズ3で完結していないヒーローシリーズ残りのエピソードが公開されることは確実とみられる。

フェイズ4で公開される可能性がある作品は以下の通りである

  1. ドクター・ストレンジ2(仮題)
  2. ドクター・ストレンジ3(仮題)
  3. ブラックパンサー2(仮題)
  4. ブラックパンサー3(仮題)
  5. ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー3(仮題)
  6. スパイダーマン3(仮題)
  7. キャプテンマーベル2(仮題)
  8. キャプテンマーベル3(仮題)

加えてスパイダーマンファーフロムの直後の作品としてはナターシャ・ロマノフ(ブラックウィドウ)の単独映画の公開が決定している。

 

その他にも公開が噂されている作品がいくつかある

『シャン・チー(邦題未定、原題:Shang-Chi)』

 

ちなみにシャン・チーはカンフー系のアジア人ヒーローなのですが、こちらの公開が噂されている背景にはブラックパンサーの大成功があります。

ブラックパンサーは初の黒人ヒーローを描き、世界的大ヒットに導きました。世界興行収入でもTOP10に入りアカデミー賞にもノミネートされています。

この教訓を生かして、大きな市場であるアジア人を集客しようという考えです。

 

そしてなによりも忘れてはならないのが

X-MEN

です。

ここでここまでの流れをまとめておきます。

  1. フェイズ4へ突入
  2. 各ヒーローの続編
  3. XMENがMCUに登場

以下より展開を予想します。

 

MCUフェイズ4で予想される展開や新ヒーローについて

MARVELファンが最も興奮する展開は何か?と考えた時に、やはりMCUシリーズとX-MENシリーズがこれまでに映画界で競り合って来たように、アベンジャーズとともに戦うX-MENよりアベンジャーズvs X-MENなのではないか?

 

筆者が予想する展開はズバリ

アベンジャーズvsX-MEN

である。

ここで原作のアベンジャーズvsX-MENのあらすじを紹介しておく。

MARVELコミックス原作アベンジャーズvs X-MEN

Mデイによって200人以下に減ったミュータントもホープの覚醒によって次第に数を増やしつつあった。しかしかつて巨大な災厄をもたらしたフェニックス・フォースが再び地球に接近していることが確認される。フェニックス・フォースの目的はミュータントの救世主と信じられているホープ・サマーズだった。

ホープはフェニックス・フォースの接近を感じていたが、それについて何も話さない義理の祖父サイクロップスにいらだち夜な夜な街に繰り出しヴィランたちを相手に戦っていた。死んだ義父ケーブルに叩き込まれた戦闘技術を駆使してヴィランを圧倒しフェニックス・フォースとの戦いを決意する。

アベンジャーズは宇宙から飛来した物体と飛行機の激突事故に駆けつける。アベンジャーズの活躍により飛行機は無事に着陸したが、宇宙から飛来したのはスーパーヒーローノヴァだった。「あれが来る」との言葉を残し気絶するノヴァ。アイアンマンらはノヴァのコスチュームに付着していたエネルギー辺からノヴァを倒したのはフェニックス・フォースだと結論付ける。X-MENの本拠地ユートピアではサイクロプスやマグニートーがホープを訓練するが、その厳しさに耐えかねたホープがフェニックスの力を発現させてしまう。そしてそれはフェニックス・フォースの対策を練っていたアベンジャーズに感知されてしまう。

ユートピアを訪ねたキャプテン・アメリカはフェニックスから世界を守るためにホープの引き渡しを求めるが、サイクロプスはこれはミュータントの問題として拒否する。両者の話は最後まで平行線をたどり戦闘に突入。戦闘が始まるとS.H.I.E.L.D.のヘリキャリアからアベンジャーズのメンバーが降り立ち戦いが始まる。

乱戦の中アイアンマンとマグニートの戦いにクイックシルバーが割って入り父マグニートーを殴り倒す。アベンジャーズ側についたウルヴァリンにユートピアの面々から裏切り者と罵声が浴びせられる。キャプテン・アメリカとの戦闘が不利になりつつあったサイクロプスはマジックにリンボを通っての脱出を命じるがドクター・ストレンジに追跡されてしまい、リンボを舞台にストレンジとマジックの戦いが始まる。アイアンマンはユートピアのコンピューターをハッキングし、ユートピアは陥落寸前になる。乱戦の中ウルヴァリンとスパイダーマンは戦場を抜け出し、ユートピア内部に侵入しホープの確保に向かうがフェニックスの力を発現させたホープに撃退され、ホープはいずこかに姿を消してしまう。

ユートピアは陥落しX-MENは投降したがサイクロプスはアベンジャーズを告発する文書を全世界に公表した。アベンジャーズに捕らわれたX-MENだったがストレンジに勝利したマジックによって解放される。X-MENはセレブロを使いホープの行方を捜すがホープが作った攪乱装置のため反応が5つになっている。

アベンジャーズはチームを5つに分けてホープの捜索を開始した。南極にあるサベッジランドに向かうクィンジェットの中でホープの保護・隔離を主張するキャプテン・アメリカと即抹殺を主張するウルヴァリンが衝突、ウルヴァリンはジェットから突き落とされてしまう。雪原を進むウルヴァリンに彼を待っていたホープと出会う。ホープの説得によりウルヴァリンは一時的に行動を共にすることにする。かつてのヘルファイア・クラブの隠れ家に潜むエマはジーン・グレイ学園で用務員をしているトードをテレパシーで操り、セレブロを操作させ現状を確認する。ワカンダやラトベリア(英語版)をはじめ世界各地でアベンジャーズとX-MENのホープ争奪戦が発生していた。

ウルヴァリンとホープはA.I.Mの宇宙船を奪い月のブルーエリアに降り立つ。そこはダークフェニックスに取りつかれたジーン・グレイを巡り、X-MENがシーアー帝国のインペリアル・ガードと死闘をくりひろげた、因縁の場所だ。ホープをアベンジャーズに引き渡そうとするウルヴァリン、阻止しようとするX-MEN、彼らの目の前に遂にフェニックス・フォースが出現する。

フェニックスはホープを自らの器として取り憑く。ホープは最初は受け入れていたものの、フェニックスを抑えきれなくなり、ウルヴァリンに自分を殺すように懇願する。フェニックスの炎に焼かれながらホープに近づくウルヴァリンだがサイクロプスのブラストに吹き飛ばされてしまう。ホープを巡り再びキャプテン・アメリカとサイクロプスが激突し、アイアンマンはヘンリー・ピム達と完成させたフェニックス・キラー・アーマーに乗り込みディスラプターを放つ。ホープに宿るはずだったフェニックスの力はホープに拒否され、更にディスラプターの直撃を受け分裂、サイクロプス、エマ・フロスト、ネイモア、コロッサス、マジックの5人に宿ってしまう。フェニックス・ファイブと名乗った5人はアベンジャーズを一蹴し地球に帰還する。

それから10日後、旧友マグニートーの案内でユートピアに招かれたプロフェッサーXは、文字通り理想郷となったユートピアに驚愕する。フェニックス・ファイブは世界から飢餓、戦争、環境、エネルギーといった人類にとって克服不可能だったそれらの問題をその超宇宙的なパワーでわずか10日余りで解決していったのである。いまやユートピアを含めた世界の王となったサイクロプスは自らが成し遂げた理想の世界の姿をプロフェッサーXに見せつける。それはプロフェッサーXの夢の結実だと信じていた。だが、プロフェッサーXは、何の代価も犠牲も払っていない安易な実現は虚構にすぎないと警告する。一方ミュータントによる人類の支配を懸念した大統領は、アベンジャーズにX-MENをなんとかするように懇願する。アベンジャーズはこの一連の事態の中心には必ずホープが存在し、打開の鍵もホープが握っていると結論、ホープ確保の為、再度ユートピアを急襲する。だがサイクロプスとエマが駆けつけ危機に陥る。アベンジャーズを助けに来たのはミュータントを絶滅寸前まで追いやったスカーレットウィッチだった。ユートピアに自分の居場所がなかったホープは自ら望んでアベンジャースと姿を消す。アベンジャーズの存在が自分達と人類の融和を妨げていると結論づけたサイクロプスは、キャプテン・アメリカのヘルメットの破片を拾い上げ呟く、「NO MORE AVENGERS.」。その言葉通り、フェニックス・ファイブに率いられたX-MENによるアベンジャーズ討伐戦が始まった。

手始めに、アベンジャーズタワーを襲いホークアイを瀕死の重傷に追い込んだフェニックス・ファイブだったが、アベンジャーズはワカンダに逃れる。一方フェニックス・ファイブは捕らえたホークアイの処遇を巡り意見の対立が起きていた。ワカンダではアベンジャーズがホープにフェニックス打倒のアドバイスを求めホープはスカーレットウィッチこそがフェニックスを倒せると言う。世界中でアベンジャーズとフェニックス・ファイブ率いるX-MENの戦いが起こり、ネイモアがスカーレットウィッチと対決し敗退してしまう。怒り狂ったネイモアは大津波とアトランティスの軍勢を引き連れてワカンダを襲う。迎え撃つアベンジャーズのメンバーだったが、フェニックス・フォースの圧倒的の力の前になすすべもなく叩きのめされる。だが、ソーが作った一瞬の隙を突いた、スカーレットウィッチのヘックスパワーによってネイモアは倒される。その体からフェニックスの力が抜け出て残りの4人の体に吸い込まれていく。そしてアベンジャーズはホープを連れ神秘の都クン・ルンに向かう。

クン・ルンでスパイダーマンから訓練を受けるホープ。アベンジャーズはユートピアに捕らわれた仲間を救出に向かうがコロッサスとマジックにソーを倒されてしまう。アイアンマンはクン・ルンの図書室の蔵書を調べ上げフェニックスを止めるためにはホープ、スカーレットウィッチ、アイアンフィストの力をどうにかして一つにまとめ上げなければならないとの結論に至る。コロッサスとマジックがソーを火山に落とす様を見ていたストーム、ピクシー、ガンビット、アーマーはフェニックス・ファイブへの不信感と自分達の正当性に疑念が生じる。プロフェッサーXがユートピアは去った事も知り疑念が確信に変わったのか、ストームの忠告を受け入れX-MENを離れる。

アベンジャーズはストームの手引きでソーが突き落とされた火山の火口に行く。そこはリンボとつながっていてプロフェッサーXが待っていた。アベンジャーズが侵入したことに気付いたマジックはコロッサスを連れアベンジャーズと対決する。ストームが突破口を開きアベンジャーズは脱出するがスパイダーマンは時間稼ぎの為に留まる。戦いとは名ばかりの、一方的に痛めつけられるスパイダーマンだったが、二人がフェニックス・フォースの影響で険悪な間柄になっている事に気付き、無駄口に次ぐ無駄口が功を奏し二人は互いのフェニックス・フォーズを奪おうとして共に自滅、スパイダーマンは重傷を負いながらも生還する。だが、クン・ルンにはホープを取り戻しにマジックとコロッサスのフェニックス・フォースを得て格段に力を増したサイクロプスが襲来する。

クン・ルンに降り立ちホープを取り戻そうとするサイクロプスをアイアンフィスト、アイアンマンが必死に止めようとするが一蹴される。ソー、ホークアイ、シングも加勢に入るがブラスト一発で薙ぎ払晴れてしまう。逃げ延びたホープはライコウと赤い龍シャオラオを連れて戻るが、全く歯が立たずシャオラオは倒される。アベンジャーズに止めをさそうとするサイクロプスにクン・ルンで修行したホープの拳が叩き付けられサイクロプスは月にまで吹き飛ばされる。そしてユートピアではマグニートーがプロフェッサーXにエマは自制が効かなくなっていると呼びかける。

キャプテン・アメリカは万策が尽きつつある状況をなんとか打開するべくハルクに協力を要請、ハルクは快諾する。サイクロプスの下を離れた全X-MENもプロフェッサーXに導かれアベンジャーズ側についた。プロフェッサーXは最後の説得を試みようとユートピアのサイクロプスの前に現れるが説得は失敗し、サイクロプスはブラストを放つ。マグニートーが、プロフェッサーXがサイクロプスのブラストに焼かれる。孤立無援の状況に焦ったサイクロプスはフェニックス・フォースを独占する為、エマを背後から襲い、彼女のフェニックス・フォースを奪う。こうして、分散していたフェニックス・フォースは一つに集約され、サイクロプスはダーク・フェニックスと化した。

アベンジャーズとX-MENの強者を蹂躙し上空へと去るサイクロプス。サイクロプスの憎しみを表わすかのように大地は裂け、海は燃え、地球全体にフェニックス・フォースが吹き荒れる。その彼を捕まえホープとスカーレットウィッチの前に引きずり出すノヴァ。スカーレットウィッチのヘックスパワーだけがサイクロプスにダメージを与えることができ、その能力をコピーできるホープもサイクロプスを攻撃する。そしてアベンジャーズとX-MEN連合軍の総攻撃の中で一瞬正気を取り戻したサイクロプスが死を望む。ホープの拳がサイクロプスを討ち抜き、その体からフェニックスが飛び出し今度こそホープに憑りつく。フェニックスの力でサイクロプスの引き起こした災厄をいやすホープはホワイト・フェニックスになろうとする。スカーレットウィッチはそれを止めさせ二人はいう「NO MORE PHOENIX.」フェニックスの力は拡散し、世界中でミュータントが復活する。

引用元:wikipedia

MCUフェイズ1フェイズ2フェイズ3で公開された作品まとめ

【フェイズ1】

  1. 『アイアンマン』(2008年5月2日)日本では2008年9月27日に公開
  2. 『インクレディブル・ハルク』(2008年6月13日)日本では2008年8月1日に公開
  3. 『アイアンマン2』(2010年5月7日)日本では2010年6月11日に公開
  4. 『マイティ・ソー』(2011年5月6日)日本では2011年7月2日に公開
  5. 『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011年7月22日)日本では2011年10月14日に公開
  6. 『アベンジャーズ』(2012年5月4日)日本では2012年8月14日に公開

【フェイズ2

  1. 『アイアンマン3』(2013年5月3日)日本では2013年4月26日に公開
  2. 『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(2013年11月8日)日本では2014年2月1日に公開
  3. 『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014年4月4日)日本では2014年4月19日に公開
  4. 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014年8月1日)日本では2014年9月13日に公開
  5. 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年5月1日)日本では2015年7月4日に公開
  6. 『アントマン』(2015年7月17日)日本では2015年9月19日に公開

【フェイズ3】

  1. 『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年5月6日)日本では2016年4月29日に公開
  2. 『ドクター・ストレンジ』(2017年11月4日)日本では2017年1月27日に公開
  3. 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017年5月5日)日本では2017年5月12日に公開
  4. 『スパイダーマン:ホームカミング』(2017年7月7日)日本では2017年8月11日に公開
  5. 『マイティ・ソー/バトルロイヤル』(2017年11月3日)日本も2017年11月3日に公開
  6. 『ブラックパンサー』(2018年2月16日)日本では2018年3月1日に公開
  7. 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018年4月27日)日本では2018年4月27日に公開
  8. 『アントマン&ワスプ』(2018年7月6日)日本では2018年8月31日に公開
  9. 『キャプテン・マーベル』(2019年3月8日)日本では2019年3月15日に公開
  10. 『アベンジャーズ:エンドゲーム』(2019年4月24日)日本では2019年4月26日に公開

MCU作品に関連記事まとめ

 

www.bananatheaters.work

www.bananatheaters.work

www.bananatheaters.work

www.bananatheaters.work

www.bananatheaters.work