BANANA THEATERS

映画に関する最新情報をお届けします。

映画『IT(イット) THE END』ネタバレ考察&解説!27にまつわるトリビア都市伝説まとめ!シャカピー族やチュードの儀式に関する解説も

f:id:MYFAVORITE:20191111094927j:image

『IT(イット)THE END』は怖くない。怖くないですよ。ホラー映画は奥が深いですからね。

まだまだ世の中にはこわーいホラー映画がたくさんあります。

そんなこんなで『IT(イット)THE END』みなさんはどうでしたか?

 

今回は『IT(イット)』にまつわるトリビア都市伝説。

特に27に関する都市伝説を解説するとともに、最新作『IT THE END』のネタバレ解説をしていきます。

私が最も気になったのはやはりシャカピー族、チュードの儀式などのキーワードです。

それでは色々と掘り下げて解説していきましょう。

 

『IT(イット)THE END』ネタバレ考察&解説!27に関するトリビア都市伝説!チュードの儀式・シャカピー族って?

映画『IT(イット)』といえば原作はスティーブンキングであることがまず第一に挙げられますよね。

スティーブンキングはシャイニング、スタンドバイミーをはじめとした数多くの名作をこの世に送り出した巨匠です。

そんなこんなで今回の映画『IT THE END』も、どこかスタンドバイミーを彷彿とさせるシーンがあったのではないでしょうか。

まずは映画『IT THE END』の作品詳細から見ていきましょう。

【作品詳細】

監督/アンディ・ムスキエティ
脚本/ゲイリー・ドーベルマン
原作/スティーヴン・キング『IT/イット』
出演者/ジェシカ・チャステイン,ジェームズ・マカヴォイ,ビル・ヘイダー,イザイア・ムスタファ,ジェイ・ライアン,ジェームズ・ランソンアンディ・ビーン,ビル・スカルスガルド
製作会社/ニュー・ライン・シネマ
配給/ワーナー・ブラザース
公開/2019年9月8日(米国),11月1日(日本)
上映時間/169分
製作国/アメリカ合衆国 
前作/IT/イット “それ”が見えたら、終わり。

【あらすじ】

前作から27年後、デリーの街に再び異変が起こる。ペニーワイズからのメッセージと捉えたマイクは、かつて「それ」と対峙したルーザーズクラブを集め立ち向かうことになる。

果たして彼らの運命は…!

 

前作『IT(イット)』から27年後ということでルーザーズクラブのみんなも大人に成長しています。

【おすすめ記事】

映画『IT(イット)THE END』27年前の幼少期と大人のキャスト(登場人物)の成長を比較! - BANANA THEATERS

IT(イット)と27という数字のトリビア・都市伝説!関係性を徹底解説!

ここで、IT(イット)関するトリビア都市伝説をいくつか紹介します。

イットにはさまざまな都市伝説が存在していますがその中でも有名なのが

27

という数字に関する都市伝説です。

IT(イット)にこれまでに登場した、27にまつわる出来事をあげましょう。

  1. 「それ」は27年周期で現れる。
  2. 旧作IT(イット)は1990年公開で新作IT(イット)の公開は2017年でその間27年。
  3. 2017年9月8日公開のイットは2+1+7+9+8=27。
  4. 1990年公開のイットでビル役を演じたジョナサン・ブランディスは27歳で亡くなる。

公開日などはわざと27という数字を意識して合わせてきた感が強いですが、偶然にも27歳で亡くなった俳優がいたことはちょっと恐ろしいですよね。

 

他にも

6

という数字にも意味があるみたいです。

ルーザーズクラブの7人は再び会うことを約束しましたが、中華料理屋を訪れたのはそのうち6人でした。

数字の7は神と関連付けられることが多く、ユダヤ教では聖なる目的での象徴として頻繁に使われます。一方、数字の6は、”不完全” を意味します。本来集まるはずであった7人がスタンリーの死亡により6人となってしまったことには何か意味があるみたいです。

 

IT(イット) THE ENDネタバレ解説シャカピー族・チュードの儀式とは

ペニーワイズを倒すためにマイクがデリーの街に住み続け、唯一見つけた方法が

チュードの儀式

です。

チュードの儀式とは古来からアメリカの先住民(シャカピー族)が行ってきた儀式のことです。

映画では壺にペニーワイズの魂のようなものを閉じ込めることで成功されるとされていますが、失敗に終わりました。

チュードの儀式に必要な思い出の品と儀式の手順

チュードの儀式の手順は以下の通りです。

第一段階は再開。

第二段階は思い出集め。

第三段階は光は闇に。

です。

第一段階での再会はルーザーズクラブの再会とルーザーズクラブとペニーワイズの再会でもあると考えられます。

第二段階の思い出集めでは、物語のきっかけでもあるジョージー折り紙の船をはじめ、ベバリーが持っていた手紙(ベンからのものだったことが発覚)、エディの吸入器、ベンが財布に入れていたアルバムのサインページ、リッチーのゲーセンのメダル、マイクの石合戦の思い出の品、頭の被り物

が集められ、思い出の品として燃やされました。

 

その後、第三段階ではルーザーズクラブのみんなが

光は闇に

と唱えました。

ペニーワイズは結局どうなったの?

チュードの儀式は失敗しましたが、その後のルーザーズクラブの精神攻撃によって心臓を取り出すことに成功しました。

生き物はその姿形の理に準ずる

という理論から精神攻撃に成功しています。

 

このことにより、ペニーワイズは消滅したと考えられます。

ペニーワイズは完全にTHE ENDしたらしいですね。

スタンリーからの手紙の内容

物語のフィナーレでは、スタンリーが送った手紙が読み上げられました。

大切な人を見つけたら決して手放すな。

自分の道を行け。

どんな道だろうと。

この手紙に約束してくれ。

自分に、お互いに誓おう。

ルーザーズにはこれ以上失うものはない。

だから正直に、勇敢に立ち上がり、信じろ。

そして忘れるな僕たちはルーザーズ。永遠に。